Feature / フローレンスガーデンの家づくりFeature / フローレンスガーデンの家づくり

トップクラスの耐震性能、世界水準の耐熱性能の追求

image

2×6工法は、
将来の性能基準を先取りしています

  • 北米の伝統的な工法である2×4工法は、その名の通り、2インチ×4インチの角材を使用した枠と構造用合板を組み合わせたパネルによって構成されます。
    2×6工法は、外周部の構造材を2×6材にサイズアップしたもので、太い角材を使用する分、2×4工法よりも強度が高まり、壁も厚くなるので断熱性にも優れています。

    • 隙間相当面積
      C値=0.4㎤/㎡(実測値)

    • 熱損失係数
      Q値=1.15(計算値)

  • image
image

次世代省エネ基準を上回る

UA値 0.52を実現※2

UA値(外皮平均熱貫流率)は、従来の熱損失係数(Q値)に変わる指標で、住宅の断熱性能を表し、数値が小さいほど性能が高いことを表しています。フローレンスガーデンの2×6住宅は、IV地域の基準を上回る0.52を実現しました。

※1:数値は、当社計算値によるもので、敷地条件、間取り、設備仕様等により変化します。

※2:当社モデルプランの数値であり、これを保証するものではありません。

注文住宅の自由度はそのままに
高い基本スペックを実現。

  • 2×6工法

  • 耐震等級
    3

  • 省エネルギー
    等級4

  • 省令準耐火
    構造

  • 長期優良住宅

  • 認定低炭素
    住宅

  • フラット35S
    対応

  • 30年長期保証
    システム

image

image

image
2×6工法は壁に厚みがあり、冬温かく夏涼しくて、とても住み心地がいいです。地下室も予想以上に快適で、つくって良かったです。
image
私たちの気持ちを汲み取った提案をしてくれるので、設計さんにほとんどお任せでした。
何度も話し合ったので、安心して一任できました。
  • image
  • 優れた耐震性

    日本は世界有数の地震国だけに、住宅の「耐震性」は基本性能としてもっとも重要です。床・壁・屋根が一体となったモノコック構造の2×6住宅は、地震の揺れを6面体の建物全体で受け止めて力を分散させるので、地震力が一部分に集中することがありません。
    フローレンスガーデンでは、全棟(※)構造計算により耐震等級3をクリア。 (※地下室付の場合。地下無の場合は、構造計算の有無を選択いただけます。)

  • 遮音対策

    ○吊り天井構造(1階天井)
    気密性能の高い住宅だからこそ、室内での音が外に漏れにくくなっています。上階の歩行音と下階へ響きにくくなるよう、吊り天井構造を採用しています。上階の床根太と下階の天井材を吊り金物でつなぐ為、太鼓張り構造になることを防ぎます。また、下階天井には、吸音性の高いロックウールを充填することにより、上階からの音が反響しにくくなっています。

    ○ロックウール(水廻り)
    家の中で意外と気になる水の音。シャワーの音や、トイレの音が寝室等に漏れないように、水周りの壁部分にもロックウールを入れています。

  • 吊り天井構造
  • 壁体内結露を防止する外壁通気層工法
  • 壁体内結露を防止する外壁通気層工法

    ○タイべックシート
    構造壁と外壁の間にある通気層と透湿防水性タイべックシートが、構造躯体の壁体内結露を抑えます。

    ○通気層
    通気層を取ることで、透湿防水性タイべックシートや構造材に直接風や雨が当たりません。水は風圧がかかると、入り込める隙間をみつけて入り込もうとしていきます。仮に、暴風雨が外壁に当たり、水が外壁から入ってきたとしても、構造材と外壁材の間の通気層空間があり、なおかつ空気が流れていますので、構造材の負担のかからない構造になっています。

  • 気密性能

    室内の湿気・空気はわずかな隙間を探して外壁内へ入り込んでいきます。サッシや玄関ドア等の製品の性能が良くなってきた今、コンセントBOXや防湿シートの継ぎ目等がその経路になっています。
    フローレンスガーデンでは、気密コンセントBOX、ベーパーバリア、気密テープを使用することによって、C値0.89cm2/㎡以下※という高い気密性能をご提案しています。
    ※C値とは…気密性能をあらわす値のことです。床面積あたりのすき間面積のことで、0に近いほどすき間が少なく、気密性能が高くなります。
    ※上記のC値0.89cm2/㎡という数字はあくまで標準の数値であり、実際のプランニングや換気計画により異なります。上記の数値を保証するものではありません。

  • 気密コンセントBOX
  • 断熱性

    フローレンスガーデンの断熱材は、断熱性・気密性に優れた高性能グラスウール16K(140mm)を採用しています。

    高性能グラスウール16kを施工することにより家全体の温度を均等にし、
    冬も夏も快適な暮らしを提供致します。
    また、2×6住宅の外壁は断熱材の性能を最大限に引き出せ、構造自体を断熱化し易く、気密施工も容易なため建物自体が優れた断熱性・気密性を発揮します。
    高性能グラスウールは80%以上ガラスを原料としているので、高い耐熱性を持ち、火災時の延焼防止の一助となる断熱材料と言えます。

断熱材の違いで
光熱費・断熱効果も
変わります!

高性能グラスウールは耐久性・形状安定性があり、
施工後の垂れ下りがなく、高い性能を発揮します。

  • 重さ7kgの球を1mの高さから落とした場合

  • 凹んで変形する事がなく、高い形状安定性を実現

重さ7kgの球を1mの高さから落としても高性能グラスウール16K(140mm)は高い形状安定性を維持する為、瞬時に復元することができます。また、長く住んでも性能が変わらない高い耐久性があり、施工後の垂れ下がりもありません。

建物のクオリティの向上や安全確保のため、
建築中現場の清掃、整理整頓を徹底します。

image

建設中現場では、毎日5回の清掃を励行。現場を美しく整理整頓することでミスや事故を防ぎ、質の良い建物づくりを行っており、近隣の方々からも好評をいただいております。
このような活動が評価され、一般社団法人現場綺麗推進協議会が開催する「魅せる現場コンテスト」で3年連続総合最優秀賞を受賞しました。

一覧に戻る

お問い合わせ

資料請求、見学会・無料相談会のご予約、
その他お問い合わせはこちらから承っております。