神奈川・東京で「住みがい」のある注文住宅「陽があたり風が通る地下室」や「四季を感じる庭」のある暮らしを提供するフローレンスガーデン

Grand Room / 地下室

従来の地下室のイメージを覆す、フローレンスガーデンの地下室づくり。

フローレンスガーデンは1994年の建築基準法の一部改正を機に、
いち早く北米型の地下室付き住宅の開発・導入に取り組み、これまでに1500棟以上の実績を残しています。
従来の”地下”室ではなく”地面”(グランド)にアイレベルがある、いわゆる半地下工法。
この工法なら採光や通風も容易なため、従来の地下室とは違い快適な空間として様々な生活シーンを演出できます。
フローレンスガーデンは、これまでの何LDKといった部屋数にとらわれたライフスタイルから、
家族構成、嗜好の変化に合わせて、多彩な自由空間を創造できる「器の大きさ」がある暮らし、
ワンランク上の「住みがい」を実現できる暮らしを提案しています。

  • スペースが1.5倍に

    94年の建築基準法の一部改正により、一定条件(※)を満たした場合に合計床面積の3分の1を限度として、地階の床面積が容積率に算入されなくなり、同じ建て坪の2階建ての1.5倍の広さまで建築可能になりました。

  • 耐震・耐久性抜群

    地下自体が基礎となり、通常の基礎よりも深く基礎を組むことになるので、地震時にかかる力も、通常の2階建てに比べ、かなりの割合で軽減されます。

  • 高い遮音・防音性

    地下室の基礎はコンクリートの壁が厚いので、シアタールームやカラオケルーム、楽器の練習スタジオなどに利用しても、音は外部に伝わりにくい構造です。

地下室Q&A

Q
地下室をつくるのに工期や費用目安は?
A
工期は通常の施工より1~1. 5カ月程度長くかかる

地下室をつくるには、土を掘り、隣地の土の壁が崩れないように処理をします。またコンクリートを流し込み、乾くのを待つ時間も必要。通常の施工に比べて施工の技術や近隣への配慮が必要なため、工期は1.5カ月~2カ月程度長くなります。

地下室の設計・施工を行うノウハウと実績があるフローレンスガーデンの場合、躯体部分の坪単価は50万~70万円程度が目安。これに、内装や防音などの工事費がプラスされます。地下室をつくることで住宅の価格がいくらになるかは、建築の依頼先と地下室の用途や土地の条件によって違ってきます。

しかし、土地の値段が高いエリアでは、広い土地を買って床面積を広げるより、狭い土地に地下室を設けたほうがコストが抑えられるケースもあります。

寝室にも適した地下室。ドライエリアに設けられた窓から採光と通風を確保

Q
湿気対策はどうすればいい?
地下室をつくる前に知っておきたいことは?
A
ドライエリアを設けて通風や採光を確保

湿気は下の階にたまりがちなので、常に強制的に換気を行い空気を循環させることが大切です。義務づけられている24時間換気システムの導入は当然ですが、ドライエリアを設けることで防湿や、通風、採光に効果があります。ドライエリアとは、建物の地下部分の外側に設けた『空堀り(からぼり)』のこと。地下室ではあっても、窓のある空間にできますし、万が一のときの避難経路としても使えます。

無機質になりがちなドライエリアだが、壁にグリーンを施工することで目にもやさしい空間を演出

フローレンスガーデンがご提案する地下室活用

収納

大切なコレクションや衣服など、地下のスペースを使えば、すっきり収納することも可能です。

防音スタジオ

地下の防音・吸音性を活かした趣味部屋を作って、より充実した生活を実現することができます。

SOHO

地下室なら、生活スペースと切り離して使用することができるので、SOHOにも適しています。

ベッドルーム

フローレンスガーデンならではの半地下工法で、陽の入る快適なベッドルームに。

ビルトインガレージ

大切な愛車を守るビルトインガレージ。
天候に関わらず、楽々荷物の出し入れがすることができるので、実用性も◎